古物商許可申請代行サービス

古物商・リサイクルショップの営業は、古物商許可申請を行い、許可を取得することによって商売をすぐに始めることができます。
元手が少なくても開業できるのが古物商・リサイクルショップの大きな魅力であり、また、粗利が非常に高く、最近ではネットの活用によって古物商・リサイクルショップの運営で非常に繁盛しているお客様もいらっしゃいます。古物商・リサイクルショップの運営は、経営者の経営手腕がダイレクトに問われる商売であるといえます。

当事務所は、お客様に対して行政書士事務所として最高・最良の仕事を提供することを目標として開業後もお客様をサポートしていけるよう仕事に励んでいます。

古物商許可申請の必要書類

古物商許可申請の必要書類を個人・法人に分け、下記に記載していきます。

【個人の開業申請】

古物商許可申請準備する方
古物商許可申請書 別記様式第1号その1(ア)
古物商許可申請書 別記様式第1号その2
古物商許可申請書 別記様式第1号その3
住民票
身分証明書
登記されていないことの証明書
誓約書
略歴書
営業所の賃貸借契約書のコピー
本籍地の市区町村が発行する身分証明書
駐車場等保管場所の賃貸借契約書のコピー
プロバイダ等からの資料のコピー
A:当事務所で作成します。
B:当事務所(オプションサービス)或いはお客様自身で準備して頂きます。
C:お客様自身で記載して頂きます。
D:お客様自身で準備して頂きます。(申請する内容によって必要となる書類)

【法人の開業申請】

古物商許可申請準備する方
古物商許可申請書 別記様式第1号その1(ア)
古物商許可申請書 別記様式第1号その1(イ)
古物商許可申請書 別記様式第1号その2
古物商許可申請書 別記様式第1号その3
登記簿謄本
住民票
身分証明書
登記されていないことの証明書
誓約書
略歴書
会社定款
営業所の賃貸借契約書のコピー
本籍地の市区町村が発行する身分証明書
駐車場等保管場所の賃貸借契約書のコピー
プロバイダ等からの資料のコピー
A:当事務所で作成します。
B:当事務所(オプションサービス)或いはお客様自身で準備して頂きます。
C:お客様自身で記載して頂きます。
D:お客様自身で準備して頂きます。(申請する内容によって必要となる書類)

古物商許可を申請するための要件

古物商許可を取得するためには、下記要件を満たすことが必要です。

  • 欠格要件に該当しないこと
    1. 成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得ない者
    2. 禁錮以上の刑に処せられるか、一定の犯罪に違反し罰金刑に処せられた人で、その執行が終わった日、或いは執行を受けることがなくなった日から5年以上経過しない者
    3. 住居の定まらない者
    4. 古物営業の許可を取り消されて5年以上を経過しない者
    5. 許可の取り消しに係る聴聞の期日等の公示日から、取り消し等の決定をする日までの間に許可証を返納した者で、返納日から5年以上経過しない者
    6. 法人の場合で役員が上記項目に該当するものがある場合
    7. 営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者
    8. 営業所・古物市場ごとに、業務を適正に実施する責任者としての管理者を選任すると認められないことに相当な理由がある者
     
  • 営業所に管理者を設置すること
  • 管理者は、営業所で業務を正しく遂行するための責任者をいいますが、古物商を営むための営業所には、管理者の設置が必要となります。(経営者が管理者になることは可能です。従業員を管理者にした場合は、解任後10日以内に管理者を選任、届出をする必要があります。)

欠格要件は、法人は、監査役を含んだ役員全員、個人は、事業主が上記全てにあてはまらないことが必要です。

古物商許可申請代行関連ページ

Copyright(c) 2013 古物商許可×大阪申請NET All Rights Reserved.